HOME新着情報 | 党再生へ向け、大畠幹事長と意見交換を開催

新着情報

2013年11月9日| 党本部党活動

党再生へ向け、大畠幹事長と意見交換を開催

  11月9日、大畠章宏幹事長を迎え、京都府連役員と今後の党再生へ向けた意見交換会を開催しました。この意見交換会は、党改革創生本部が春より進めており、本年4月に海江田万里代表を迎え開催した1回目に引き続いての開催でした。
 意見交換会冒頭、大畠章宏幹事長は「民主党は、これまでの国会議員を中心とした政党から、各地域や自治体議員が中心となった政党に生まれ変わっていく。自民党との違いは、私たちは市民の立場に立った政党であり、ヨーロッパ型の福祉を大切にした社会を目指す政党であり、それを示していきたい。」と党改革に向けた決意が述べられました。
 意見交換会では、地方組織の強化へ向けた制度の見直しや民主党の目指す方向性の発信、男女共同参画の推進、子育て支援の充実を行っていくこと、などの意見が出されました。

ページの先頭へ

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

活動報告 新着情報