HOME新着情報 | 政治スクール

新着情報

2015年11月7日| 政治スクール

2015年度民主党京都オープンカレッジを開催

 民主党京都府連は11月7日、「民主党京都オープンカレッジ」を開催しました。
 早稲田大学国際教養学部教授の森川友義先生が「若者は、選挙に行かないせいで、四〇〇〇万円も損してる!?」と題し講演していただきました。
 森川友義先生は「若者は人口が少ない上に投票率も低く、実投票数は高齢者に比べて圧倒的に少ない。だから、政治家は投票率の低い若者向けの政策をあまり重要視せず、負担と給付のバランスの不公平が世代間によって生じている。それを解決するには若者が『投票』に行くしかない」とお話ししてくださいました。

ページの先頭へ

2014年1月18日| 政治スクール

政治スクール最終講を開催、第九期政治スクールが閉校

 「社会起業家が変える社会のカタチ」をテーマに、駒崎弘樹氏(認定NPO法人フローレンス代表理事)を講師に迎え第九期政治スクールの最終講を開催しました。
 駒崎氏からは、自身が運営をされている病児保育のサービスや経験を具体例として「NPO活動については、スタート前に課題の設定が大切なものであり、明確に課題設定がされていないとソリューションは生み出されない。課題の明確化には、現場に身を置くことも必要である。また、サービスが上手く運営されることがゴールではなく、NPO経営者としては制度化を目指すことが重要である。」と社会起業家に求められることについて講演がされました。

ページの先頭へ

2013年12月21日| 政治スクール

民主党京都政治スクール第5・6講

 12月21日、政治スクール第5・6講を開催しました。今回は、「まちづくり」をメインテーマに、講義と実地視察の集中講義形式で実施しました。
 第5講では立命館大学政策科学部の石原一彦教授を講師に、「協働のまちづくり」をテーマにまちづくりについて、実践者の視点より講演をいただきました。
 続く第6講は実地視察として、歩いて暮らせる街づくり推進会議世話役の山田章博氏と、まいまい京都代表の以倉敬之氏にまち歩きを通して「京都の魅力と地域力」を発信する活動について講演がされました。

ページの先頭へ

2013年11月16日| 政治スクール

民主党政治スクール第4講

 11月16日、政治スクール第4講を開催しました。
 講師に西本千尋さん(㈱エリアマネジメントジャパン代表)と小西葉子さん(NPO法人京都もやいなおしの会理事)をお招きし、「女性の参加も含めた多様な公共の担い手について」をテーマにご講演をいただきました。
 西本さんからは、「地域の魅力、生活などを引き継ぎながらの観光化、まちづくりには外部融資を活用し、地元で生活をしている皆さんの想いや理念を重視することが必要である」とまちづくりに地域で生活しておられる住民の意識が重要であるとご講演いただきました。
 また、小西さんからは、「持続可能なまちづくりには、地域で生活している住民に根差すことが重要。住民が行動を起こし、それを行政がバックアップすることが必要である」と公共の役割と、住民が公共を担うことができるという事を、ご自身の体験をもとにご講演いただきました。

ページの先頭へ

2013年10月12日| 政治スクール

民主党京都政治スクール第3講

民主党京都政治スクール第3講を開催しました。
第3講では、NPO法人つくばアグリチャレンジ代表理事である五十嵐立青氏を講師にお招きし、「社会起業家が変える社会のカタチ」をテーマに講義を実施しました。
五十嵐氏がこれまで取り組んでこられた「ごきげんファーム」の取組みの紹介を通じて、社会起業家とは何か、また社会起業家には何が必要なのかなどについて、講義がされました。後半には、受講生をコーチングすることで社会起業家や議員に必要な要素を講師、受講生が一体となって学びました。

ページの先頭へ

2013年8月10日| 政治スクール

民主党京都政治スクール第2講

 8月10日(土)、講師に藻谷浩介氏(㈱日本総合研究所調査部 主任研究員)を迎え、政治スクール第2講を開催しました。
 「アベノミクスに変わる地域経済を活性化させる対策とは」について講義がされました。
 地域経済活性化のためには、「高単価商品による外貨獲得、地域内資金循環の拡大、地域内エネルギー循環の拡大を実施し、地域経済成長戦略が必要である」と日本経済の実態を説明しながら講義がされました。

ページの先頭へ

2013年8月3日| 政治スクール

第九期民主党京都政治スクールが開講

 8月3日(土)、講師に藻谷浩介氏(㈱日本総合研究所調査部 主任研究員)を迎え、「藻谷氏が見るアベノミクスの問題点とは」をテーマに第九期民主党京都政治スクールの第1講を開催しました。
 「物事は全て事実・実例から考え、判断することが重要である。」「イワシ的な日本人行動はやめ、事実から議論ができるようになることが必要だ。」と受講生へ向けて政策策定に必要な考え方について講義がされました。

ページの先頭へ

2013年5月18日| 政治スクール

第九期民主党京都政治スクール「受講生募集中」

民主党京都政治スクールでは、今年もスクール生の募集を開始しました。
「賢い有権者の育成」を目的に、2005年に開校した民主党京都政治スクールも、九期目を迎えました。
今期は、「地域を変える!未来を拓く!」を年間テーマに地域の課題解決や活性化に向けて活躍されている方々や、その根源でもある政治に携わっておられる方々を講師陣に迎え、地域を変えるヒントを学び、実際に行動するきっかけを掴んでもらえる講義を予定しています。
詳細はこちら

ページの先頭へ

2012年5月7日| 政治スクール

第八期民主党京都政治スクール「プレスクール」の開催

今年も、第八期民主党京都政治スクールを開講するにあたり、多くの皆さんに民主党京都政治スクールの意義や目的、講義内容を知っていただくために、プレスクールを開催します。
プレスクール講師として、「デフレの正体」の著者である藻谷浩介氏をお招きし、課題解決に必要なリーダーとしての資質についてご講演いただきます。
【プレスクール】
と き:5月20日(日) 15:00より(受付 14:30より)
ところ:エルイン京都 1F 会議室(JR京都駅八条東口すぐ)
講 師:藻谷浩介 氏(株式会社日本政策投資銀行 地域企画部特任顧問)
テーマ:「課題の解決に必要なリーダーの資質 ~これからの地域課題とその解決のために~」
備 考:参加費無料・事前申し込み不要 ※当日は、直接会場へお越しください。
プレスクール詳細

ページの先頭へ

2011年6月10日| 政治スクール

第七期民主党京都政治スクール受講生募集中。

7年目を迎えた民主党京都政治スクールでは、受講生を募集しています。
今期は、「地域の未来と原動力」を年間テーマに、地域の中で自ら課題を把握し、適切な判断をして、その解決と地域を良くするために活動することを学び、地域主権改革が進展する中で主体的なリーダーの育成をめざし、様々な現場で活躍されている方々を講師に招き、7月から12月までの期間で開講します。
6月27日まで募集していますので、ぜひご応募ください。
また、6月18日に、政治スクール本講義の開講に先立ち、「プレスクール」を開催します。
講師に佐藤大吾氏と松井孝治参議院議員をお迎えし、「地域の未来と原動力」をテーマに、「新しい公共」や「NPO活動」「寄付税制」について講演を行います。
佐藤氏は、議員事務所や官公庁などでのインターンシッププログラムを運営する「NPO法人ドットジェイピー」を設立。その他、「Yahoo!みんなの政治」などの運営とネットと政治を近づける活動も行っておられます。
また、2010年には英国発1000億円を集める世界最大級の寄付仲介サイト「JustGiving」の日本版を立ち上げ、日本における寄付文化の創造にも取り組んでおられます。
ぜひ、ご参加ください。

ページの先頭へ

ENTRY

CATEGORY

ARCHIVE

活動報告 新着情報